よくある質問

法人に関する質問

Q.顧問先にはどのような業種がありますか

A小売業・製造業・不動産業・出版業・サービス業等幅広くいらっしゃいます
弊社は偏った業種に絞るわけではなく、オールラウンドにお客様に対応することを心がけています。

Q.顧問料を出来るだけ低くしたいのですが可能ですか

Aご相談のうえ、納得していただける顧問料を提示いたします
顧問料は会社規模や往訪回数、スタッフの業務量など総合して決めています。顧問料が低ければ弊社からのサービス内容が落ちるというわけではありませんが、適切な分量に適切な報酬を頂き、顧問先と共に成長できるような顧問料の設定を心がけています。

Q.現在、他の税理士と顧問契約を結んでいるのですが、相続や贈与に関してはあまり経験がないようです。相続や贈与についてだけお任せしても大丈夫ですか

Aお任せください
相続や贈与は近年、件数は増えていますが、経験が無い税理士も多く存在します。様々な特例も存在し、1つの判断で納税額も数千万単位で変わる税金です。新保会計は相続や贈与でも多くの実績を残しておりますので、安心してご相談ください。


個人に関する質問

Q.先日、父が亡くなりました。父は持ち家である自宅以外に目立つ財産を持ち合わせていませんので相続の申告は不要ですか

A不要とは言い切れません
相続財産のうち、不動産はかなりのウエイトを占めます。預金や株式等の財産がなくても不動産の評価額が相当額であれば申告の可能性は充分あります。ご心配な部分があれば、ご相談ください。初回は無料相談を実施しています。

Q.今年になって所有していた土地を売却しました。普段は税理士にお願いしていないのですが、単年だけで確定申告をお願いすることは可能ですか

A可能です
土地を売却した場合、譲渡所得が発生しますが、これには様々な特例があり制度も複雑なものになります。新保会計は譲渡所得の確定申告も多く経験しておりますので、単年であっても対応させていただきます。

Q.個人で事業を運営しています。税理士にお願いせずに自分で確定申告をしようと思っているのですがどう思いますか

A悪くはないと思うのですが・・・。
会計や税金のことはインターネットや各種機関で聞くことも可能ですが、質問したことは答えてくれる。裏を返せば、質問していないことについては何も教えてくれないということも往々にしてあるようです。また、事業でお忙しい状況だと申告期限に間に合わなかった、忘れていたなどの状況も考えられます。税理士にお願いすることでこのような不安は払拭されるのではないでしょうか。


相続に関する質問

生前対策に関する質問

Q.料金表にある生前贈与相談とはどういったものですか?

Aお客様との打ち合わせでベストな贈与金額・時期をお伝えします。
相続対策の一つとして子や孫への贈与がありますが、方法を間違えると贈与が認められないケースがありますので注意が必要です。贈与にも暦年課税制度と相続時精算課税制度があり、金額や時期によっては効果が薄くなることもあります。お客様との打ち合わせで状況などを把握し、適切なアドバイスをさせていただきます。

Q.現在、父と母と嫁と私と家族4人で暮らしていますが、家庭は円満だと思っています。遺言書の作成は遺産分割が揉める場合に備えて行うものと聞きましたが、遺言書の作成は必要ないでしょうか?

A一度ご家族で相続があった場合のお話をしてみてはいかがでしょうか。
日常生活の中であれば揉めることがない家族も、いざ遺産分割となると揉めることがあり得ます。そういったことを防ぐためには、事前にお話をしておくこと、それに伴った遺言書を作成しておくと「争族」の発生を防ぐことができます。新保会計では遺言書作成のサポートもさせていただきます。

Q.父は高齢ですがまだ元気で相続はこれからですが、事前におおむねの納税額が把握したいです。アドバイスを頂けますか?

A相続税のシミュレーションでおおむねの納税額や遺産分割案などもアドバイスさせていただきます。
納税額を把握しておくことは、相続人にとって重要なことです。また、遺産をどのように分割するかで納税額も大きく変わります。準備していただきたいものなどは別途お伝えしますので、興味がある方はぜひこのサービスをご利用ください。

相続発生時に関する質問

Q.先日、父が亡くなりました。父は持ち家である自宅以外に目立つ財産を持ち合わせていませんので相続の申告は不要ですか?

A不要とは言い切れません。
相続財産のうち、不動産はかなりのウエイトを占めます。預金や株式等の財産がなくても不動産の評価額が相当額であれば申告の可能性は充分あります。ただし、ご自宅の部分は同居の場合など減税が出来ますので、申告すれば納税がかからないケースもございます。ご心配な部分があれば、ご相談ください。初回は無料相談を実施しています。

Q.父が亡くなり母と子供の私が相続人です。配偶者に財産を多く相続させると税金が安くなると聞きました。税金は安い方が良いので、その考えに沿って母にすべての財産を相続させればよいですか?

A二次相続のことも検討してみてください。
配偶者については、配偶者控除がありますので、今回の相続税は確かに安くなります。ただし、配偶者の方が多額の財産をお持ちの場合には、二次相続でより多くの相続税が発生します。新保会計では二次相続での影響なども検討し、お客様に適切な分割案をお伝えいたします。

Q.現在、法人を経営しており、他の税理士と顧問契約を結んでいます。ただ、その税理士は、相続に関してはあまり経験がないようです。相続だけお任せしても大丈夫ですか?

Aお任せください。
相続や贈与のご相談や申告は相続税の基礎控除が下がったため近年、件数は増えていますが、相続税の申告の経験が無い税理士も多く存在します。相続税は様々な特例があるので、判断を誤りますと納税額が数千万単位で変わる大変おそろしい税法です。新保会計は総合税理士法人として、相続や贈与でも多くの実績を残しておりますので、安心してご相談ください。

相続発生後に関する質問

Q.税務調査には立ち会ってもらえますか?

A立ち合います。
代表の新保と担当者で伺います。税務調査については、プライバシーに関わる部分も見られることがありますが、新保会計は多数の税務調査に関して経験と実績がありますので安心してお任せください。

Q.今回父から不動産(賃貸マンション)を相続しました。所得税の確定申告などが必要になってきますか?

A必要になります。
一定額以上の所得が発生していれば、確定申告をする必要があります。相続の申告納税が終わって、一安心と行きたいところですが、相続により今度は所得税が発生することになります。それ以外にも相続財産の種類によっては、消費税・事業税・固定資産税・住民税など様々な税金が発生します。相続専門の税理士なども存在しますが、これらの税金すべてを考慮してくれるのでしょうか。
新保会計は相続・贈与も強いですが税金全体を見る総合税理士法人です。相続後の税金についてもご相談してください。

Q.昨年父が亡くなり父の自宅を相続しました。近々、売却を検討していますが税金への影響はありますか?

A所得税のうち譲渡所得が発生します。
不動産の譲渡は所得税法の特例が多く存在し、多額の税額になるケースが多く、大変難しい申告となりますので、ご自身で確定申告をすることは危険で手数も要します。
新保会計は相続税・贈与税以外の税金についても丁寧に対応いたします。

各種ご契約に関する質問

Q.都内に住んでいないのですが、対応してくれますか?

A対応できます。
弊社は東京以外に神奈川・埼玉・千葉・茨城にもお客様がいらっしゃいます。お会いする頻度や資料のやりとりの方法はご相談させてください。

Q.土日や祝日しか都合がつきません。対応してもらえますか?

A申し訳ありません。原則として対応しておりません。
弊社の営業時間は平日の9時~17時30分となります。土日祝や年末年始などはお休みを頂いております。弊社は大規模な法人ではなく、スタッフの一人一人が戦力です。ワークライフバランスを考慮し、休みはしっかりと休むようにしていますのでご理解ください。

報酬に関する質問

Q.税理士報酬について事前に見積額を教えて頂けますか?

Aお伝えします。
ある程度の資料を提出していただければ、概算の遺産総額が把握できます。お客様の納得を得て、各種業務を進めてまいります。

Q.新保会計の税理士報酬は他社と比べて高いのですか?安いのですか?

Aリーズナブルと考えますが、著しく安いわけではありません。
安さを売りにする税理士もいますが、果たしてベストなパフォーマンスをしてくれるのでしょうか?
相続税の申告は難度が高く時間と手間も相当要します。また、相続は一つの判断で税額が大きく変わる税金です。新保会計の報酬は著しく安いわけではありませんが、適切な価格で、実績と安心をお客様に提供することをお約束いたします。

Q.賃貸不動産を相続しまして、不動産所得が発生すると思いますので所得税の確定申告が必要になりそうです。確定申告をお願いしたいです。料金はいくらになりますか?

A料金についてページををご覧ください。相続・贈与以外の弊社サービスもご覧いただけます。
料金について


サービスに関する質問

Q.税務調査には立ち会ってもらえますか

A立ち合います。
代表の新保と担当者で伺います。税務調査については多数の実績があります。

Q.事業に付随した不動産の購入や資金調達、保険の活用などについて質問しても良いですか

A大丈夫です。
不動産業者、金融機関、保険会社など各種専門家と連携して適切なアドバイスをさせていただきます。

Q.事業を運営していますが、数字が昔から苦手です。経理について色々と質問しても大丈夫ですか

A経理指導もしっかり行います。
会計ソフトを利用した自計化を提案しています。もちろん一定の資料を預かり、弊社で入力することも可能です。数字が苦手でも経験を重ねていけば少しずつ経理の流れが見えてくるはずです。


契約に関する質問

Q.会社が都内に無いのですが、対応してくれますか

A対応できます
弊社は東京以外に神奈川・埼玉・千葉・茨城にもお客様がいらっしゃいます。お会いする頻度や資料のやりとりの方法はご相談させてください。

Q.どのような方が担当者になるのですか

Aスタッフ紹介をご覧ください。
担当者は1人もしくは2人です。チーム制は組まずに担当者が責任を持って対応いたします。スタッフ紹介のページもご覧ください。
スタッフ紹介

Q.土日や祝日しか都合がつきません。対応してもらえますか

A申し訳ありません。原則として対応しておりません。
弊社の営業時間は平日の9時~17時30分となります。土日祝や年末年始などはお休みを頂いております。弊社は大規模な法人ではなく、スタッフの一人一人が戦力です。ワークライフバランスを考慮し、休みはしっかりと休むようにしていますのでご理解ください。


新保会計の特徴についての質問

Q.新宿での営業が65年以上あるそうですが、要因はどういったものだと思いますか

A答えを1つに絞るのは難しい質問です
まず、責任をもって業務に取り組むことです。その姿勢によって長年お付き合いしているお客様も多くいらっしゃいます。そして、弊社は自社ビルで営業しているため、毎月の賃料が発生しません。新宿の賃料は高額なので、それが無いことにより安定した経営が実現しています。
それ以外にも様々な要因がありますので、こちらにある当社の強みの内容もご覧ください。
当社の強み

Q.どのような雰囲気の会社ですか

Aベテランスタッフが多く落ち着いた雰囲気です。
弊社は会計業界特有の離職率の高さとは無縁です。また、明治通りと大久保通りが近くにありますが、会社自体は住宅街の中にあるので静かで落ち着いた雰囲気で仕事に取り組んでいます。

Q.スタッフのことがもっと知りたいです

Ablogやfacebookを随時更新しています。税務のことよりプライベートな内容中心です。