税理士をお探しの方

税理士をお探しの方・見直したい方へ

こんな不安や不満はございませんか

ケース1:顧問料

「会社設立したばかりで、顧問料は出来るだけ安くしたいけど、どうなんだろうか」
「現在の税理士はサービス内容の割りに顧問料が高い気がする」
「毎月誰も来てくれないのに、顧問料だけ高い」

ケース2:サービス内容

「会社設立したけど、会計や税金のことはサッパリわからないが、大丈夫だろうか」
「現在の税理士は金額の確認だけで、経営のアドバイスが無い」
「業績報告もなく、事務所が何の仕事をしているかわからない」
「間違いが多く、税務調査で追徴税額を支払われた」

ケース3:コミュニケーション

「税理士と関わるのは初めてだけど、気軽に相談できるのだろうか」
「現在の税理士は、契約では定期的に来てくれるはずだが、決算の時にしか来てくれない」
「横柄な態度で、相談に乗ってくれるような雰囲気ではない」
「いつ連絡しても、連絡がとれない」
「担当者はイイ人だが、頼りがいがなく相談相手にならない」

税理士を探すとき・見直したいときは「顧問料」「サービス内容」「コミュニケーション」を気になさる方は多いのではないでしょうか。
例えば、ご自身のお仕事を探すとき・見直したいときは「給料」「仕事内容」「人間関係」は気になる所だと思います。

こんな不安や不満は新保会計が解消します

ケース1:顧問料

会社を設立した当初は、通常の営業活動以外のコストが多くかかることがあります。また、営業活動が軌道に乗るまでは赤字が続くことも大いに考えられます。
既に税理士に顧問料を支払っている方であれば、契約時よりも事業規模が減少しているにも関わらず顧問料は据え置きになっていたり、新規事業を始めるためサービスは最低限で良いから顧問料を下げたいなど、お金に対する悩みは尽きないと思います。

新保会計では、顧問料について料金表を設けていますが、あくまで目安の数字であり、出来る限りお客様の状況にあった顧問料を設定していきます。
料金表はこちらをご覧ください。

料金について

ケース2:サービス内容

会社を設立する際は、通常の営業活動とは別に、設立に関する様々な手続きが必要になります。忙しい中、会計や税務のことを全く知らずに、勢いで設立するということもあるかもしれません。会計や税務は税理士にお任せするのも良いのですが、経営者として財務に関する最低限の知識はあった方が良いと考えます。
既に税理士から具体的なサービスを受けている方であれば、決算書の数字の説明だけで経営のアドバイスが無い、税務の専門的な話はしてくれるがイマイチ理解できないなど、サービスに対する悩みも多いかと思います。

新保会計では、正しい決算書の作成はもちろんですが、会社の財務内容を通して、会社の長所や問題点などの説明もしっかり行います。また、納税のシミュレーションや経営計画の作成もします。はじめは理解しにくい内容でも打ち合わせを重ねていけば、充分理解出来るようになります。ベテランスタッフも多くおり、色々なお客様と触れ合った経験を生かしてサポートしていきます。

また、代表の新保は税理士資格だけではなく、中小企業診断士の資格も保有し、金融機関で審査をしていた経験もあり財務分析や経営のアドバイスに長けております。

サービス内容についてはこちらをご覧ください。

業務案内

ケース3:コミュニケーション

これから会社を設立する方などは、今までの生活の中で税理士と関わったことがないので、税理士って話しづらそうなどマイナスのイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。
既に税理士と関わっている方であれば、契約では毎月来てくれるはずなのに半年に1回しか来てくれないとか、担当者がコロコロ変わって相談がしずらいなど、コミュニケーションが不足することもあろうかと思います。

新保会計では、お客様の要望を出来る限り取入れ、状況に応じて訪問いたします。スタッフは全員ベテランで人当たりがよく、落ち着いた雰囲気で対応いたします。また、この業界特有の離職率の高さとは無縁で定年まで勤めたスタッフも多く存在します。

スタッフの案内はこちらをご覧ください。

スタッフ紹介

まずは、お問い合わせください。

会計事務所に対してどのようなサービスや人材を求めていて、それに予算がいくらかをしっかり見定めて、気になる税理士事務所に問い合わせてみましょう。

現在の税理士に不満があっても、すぐさま解約というのは望ましくありません。顧問契約を結ぶ際に契約書を作成している場合は、トラブルを招く可能性もあります。

私共は守秘義務がありますので、個人情報や相談内容の情報を漏らすことは決してございません。しつこい電話やメール送信なども一切いたしません。

お気軽にお問い合わせください。